2013年07月22日

『園庭の中央が散水出来ない。スプリンクラーを増設したい』

神奈川県・岡津幼稚園からのご依頼。
岡津幼稚園 008.jpg
現在、他社製のスプリンクラーを設置・使用して
いる幼稚園さまです。
水を効率的に撒くことを考えるのは難しい技術が
必要になります。
緻密に計算し、製品を組み合わせて設置しないと
うまく水が飛びません。

お困りだったようで、弊社にご相談いただきまし
た。調査の結果、配管を現況より太いものにして
弊社製のスプリンクラーを2台増設すること
になりました。
ポップアップスプリンクラーLVZE22

電気によって弁を開閉する散水用電磁弁を設置。
そしてスプリンクラーを設置しました。

見てくださいこの水の飛ぶ勢い。

岡津幼稚園 040.jpg

ちなみに下の画像が既設のスプリンクラーで
散水しているところの画像。全く水の勢いが
違うのがお分かりになると思います。

岡津幼稚園 046.jpg

こちらの理事長は以前、電機会社に勤めていた
とのことで知識も豊富でとても助かります。
スプリンクラー設置個所もユンボを自ら運転
して掘ってくれました。
岡津幼稚園 031.jpg
これで園児たちも夏の暑さに負けずに
思いっきり園庭で遊べますね。

三光産業株式会社 担当:市川
http://sprinkler.jp/index.html
岡津幼稚園 009.jpg
岡津幼稚園 013.jpg

posted by 散水プランナー at 12:55| ポップアップスプリンクラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

ボイラーと床面を散水して冷やしたい

三光産業株式会社の羽部です。

以前納品させていただいた日本製粉の工場の現場
に調整に伺いました。日本製粉と言えば製粉分野
で日本国内シェア2位を誇る大手企業。こんなと
ころでも弊社のスプリンクラーは採用されていま
す。屋上に設置されているボイラーと、床面を冷
やす熱対策のための散水機器を要望されていまし
た。
日本製粉(屋上散水) 004.jpg

夏の猛暑時には弊社は屋根散水も得意としていま
して、屋根専用のスプリンクラー機器も用意して
います。コチラの現場で採用されたのは
TBJ−ZB22型。散水した後に、スプリンクラー内部
に残水が無く、水の吐出角度を変更して余計なと
ころへ水をまかないように出来る製品です。
日本製粉(屋上散水) 002.jpg
こちらの現場ではスプリンクラー最下部にバルブを設置し
微妙な水量調整も出来るようにしています。

節電のためにも屋根冷却散水が注目を浴びてい
ます。弊社では20年以上も前からやっていたの
ですけどね。日本製粉の社員のみなさまも、この
夏、快適に過ごしていただけたらなと思います。
日本製粉(屋上散水) 003.jpg

三光産業株式会社 担当:羽部
http://www.sprinkler.jp/
posted by 散水プランナー at 11:46| 屋根散水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『・ホームセンターで買ったものでは、散水に時間がかかってしまう・・・』

関東もいよいよ梅雨明け。散水シーズンの到来です。
江戸川区の葛西めぐみ幼稚園さまより、「ホームセンタ
ーで購入したノズルでは散水に時間がかかってしまう。
なんとかして欲しい」というご相談を受けました。

このようなお悩みは3本の指に入る相談数の多さです。
散水の知識を一般の方は持っていないので仕方がない
のですが、少しかわいそうな気がします。散水を手早
く終わらせるコツは「吐出水量を増やす」ことです。
水圧に目がいきがちなのですけど、それと同じ位、水
量も大事なのです。例えば、コップで花壇を散水する
時と、バケツで花壇を散水する手間を想像してくださ
い。1回に散水出来る「水量」の違いは、手間の違い
に直結することがおわかりいただけると思います。

現場で使用されていたものはコチラのものでした。

写真 003.jpg
よくホームセンターで売っているものですね。この
ようなシャワーノズルは一見、多くの水を散水して
いるように見えますけど多くの水量は出ません。

そこで下記の3点を改良しました。

1.散水栓を大口径のものに交換しました。
ホースの向きに合わせてくるくると回るタイプです。
そしてホース連結口は、レバーでくわえ込む脱着式
に改良しています。アルミ製なのでホースの取り外し
がスムースで壊れにくい製品です。
写真 014.jpg

(参考:回転アングルバルブ(簡便継手オス付き)

2、「今まで使っていたホースや散水機器も使いたい」
というご要望でしたので、変更した散水栓にも合う
連結金具(簡便継手)を既存のホースに装着しました。

(※既存の接続金具)
写真 010.jpg
(※変更後)
写真 012.jpg

3、ボックス内に雨水が溜まらないように地面よりも
上面がはみ出すように施工しました。
又、園長先生の了解を得て、「斜めに傾けて」施工しています。

写真 016.jpg
このようにすることでホースが取り外しし易いからです。
一見簡単に見える工事なのですけど、
他にも多くのノウハウを入れて組み上げています。
闇雲に製品を組み合わせても快適に散水が出来る
ようにってならないんです。装着したときは
「お!いいかも」って思っても、長年使っていると
ストレスを感じてしまうような時もあります。
僕はそんな現場を見ると悲しくなります。
そこで現場の声を必ず聞くようにしています。


納品させてもらった散水ノズルは・・・写真撮影するのを
忘れてしまいました、涙。

このタイプの製品です。

hs-zensyurui.jpg
(参考:ハンドスプレー)
リンク先のホームページをご覧いただく
とよくわかるのですが、多くの水量を
吐出します。

これで今まで使っていた散水器具も使えるし、
「大量に素早く水をまきたい」というときには
今回納品させていただいた散水セットを
使うようなシステムが出来ました。

園長先生も大変喜んでいらっしゃって
僕もうれしかったです!

三光産業株式会社 担当:斉藤
http://www.sprinkler.jp/
posted by 散水プランナー at 10:57| 園庭散水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

『スプリンクラーが回転しなくなってしまった』

江東区立毛利小学校様からのご依頼。
芝生散水用のスプリンクラー2台が回転しなく
なってしまったので修理して欲しいというご依頼。
写真001.jpg
夏のこの時期に散水出来ないのは芝生を枯らして
しまう恐れがあるので直ぐに伺いました。

スプリンクラーが回転しない症状の時は、
殆どが土・泥つまりで故障ではない場合が
多いです。

スプリンクラーをバラして洗浄。
写真005.jpg写真006.jpg
折角バラしたので、洗浄だけではなくしっかり
点検・調整を行いました。

スプリンクラーを組み込んで・・・
写真027.jpg写真029.jpg
テストをしたところばっちり回転
しました。
これで芝生も枯れずに済みました。
写真033.jpg写真034.jpg

ちなみにこちらの副校長先生。

僕の中学生の時の美術の先生なんです。
ご依頼頂いたときはびっくりしました。

修理後は昔話に華が咲きまして、とても楽しかったです。

この仕事をしていて楽しいと思う瞬間は
水を飛ばした時にお客さまが喜んでくださる
ときです。

ご縁は大切にしたいですね。

三光産業株式会社 担当:斉藤
posted by 散水プランナー at 12:05| 修理・交換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『スプリンクラーが何台も同時に動き出してしまう』

日本大学第二学園中学高等学校様からの依頼。

スプリンクラーを1台作動させると、他の場所に
設置してあるスプリンクラーも作動してしまう
という不具合とのこと。
過剰散水となって水たまりが出来てしまうの
でなんとかして欲しいという修繕依頼でした。

電磁弁不良が起こっていると判断し、交換修理を
行いました。
電磁弁とは電気を使って弁を開閉する装置です。
これが開いたままになると水が出たままに
なってしまいます。

コチラが修繕前。

かなり古いモデルのようです。
さいたま市立浦和南高校 002.jpg

電磁弁の交換は狭いスペースの中での作業。
僕も背中を出しながら頑張りました(笑)
さいたま市立浦和南高校 003.jpg

丁寧に施工しないと長期間持ちません。
電磁弁を設置する時は緊張します。
さいたま市立浦和南高校 009.jpgさいたま市立浦和南高校 008.jpg

さいたま市立浦和南高校 008.jpg

こちらが交換後の画像。
黄銅製なので腐食の心配もなく安心です。
さいたま市立浦和南高校 012.jpg

無事に作業終了。
テストをしたところ、スプリンクラーも無事正常作動する
ようになりました。

大変満足していただけてうれしいです。

三光産業株式会社 担当:斉藤
posted by 散水プランナー at 11:53| 修理・交換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『管理者が高齢となり、手で散水は体力的につらい。なんとかしたい』

茨城県 土浦市の下田梨園様からのご依頼を受けました。
写真 035.jpg
現在、梨園を管理されている人がご高齢となり、手まき
の散水は厳しくなってしまったとのこと。

自動散水システムを導入したいというご依頼でした。
雨のパラつく日でしたが、夏の散水時期でもあるた
め伺いました。

既存の蛇口を利用したシステムを考えました。
写真 013.jpg

・電池式コントローラー(SV4)、
写真 021.jpg
・樹脂電磁弁、バルブボックス、
写真 015.jpg

スプリンクラーSK15(32台)
写真 024.jpg
を設置。

自動化したことにより、散水の手間が無くなったので
安心して梨の育成に取り組むことができますね。
写真 023.jpg写真 036.jpg
秋の収穫シーズンにはおいしい梨が実ること
でしょう。今から楽しみです。

三光産業株式会社 担当:斉藤

posted by 散水プランナー at 11:40| 農園・果樹散水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

『水道蛇口を利用してテニス・ハンドボールコートを散水したい』

川崎市立玉川中学校 様から散水の相談をいただき
ました。

現場には、手洗い蛇口しか水源がないとのこと。
今まで使っていた手まきノズルでは、
散水に時間がかかり過ぎるというお悩みでした。
写真 002.jpg

原因はここにあります。

写真 005.jpg

ホームセンターなどで見かける
蛇口の先にアダプターを付けるもの。
これでは水の流出口が小さ過ぎて
しまい水が勢いよく飛び出しません。


本来の水道管から送られてくる水の
力が出し切れていないと思っていただけ
たらよいと思います。

そこで、
「回転アングルバルブ付分岐栓RAV-25」
に交換。


写真 003.jpg

既存の細いホースも今後も使いたいという要望でしたので
少し改良を加えました。


写真 008.jpg


使用出来るようになるホースも太くなり、
体感では今までの3倍くらいの勢いで
水が流れ出ているように感じます。
スプリンクラーの能力をアップさせることが
可能になります。

写真 010.jpg


実際に散水している画像がコチラ。

写真 007.jpg
遠くまでよく飛んでいるのがよくわかると
思います。


副校長先生、テニス部顧問、事務の方に
好評価をいただき、今年夏にある学校開催の
テニス試合会場にて弊社カタログ等をおいて
他校にもオススメ頂けるとお約束いただきました。


今迄、散水の手間に苦しんでいらしたのだ
なって実感できた一日でした。
これからも散水の悩みを解決するために
日々精進したいと思います!

弊社では一都六県内であれば、
取り付けにも伺いますのでその時には
下記ホームページからお問合せ
くださいね。

三光産業株式会社 担当:斉藤

http://www.sprinkler.jp/
posted by 散水プランナー at 12:28| 修理・交換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『スプリンクラーの回転調整が出来なくなった』

東京都の足立特別支援高等学校 様のスプリンクラー
交換を行いました。

現地調査をしたところ他社製品のスプリンクラーが設置
されていました。
写真 030.jpg
このタイプは弊社にもよく修理交換依頼の問い合わせが
届く機種です。

そこで、弊社の取り扱いモデル
ポップアップスプリンクラーLVZR22型に交換しました。
http://www.sprinkler.jp/katarogu-pdf/kata-lvzr.pdf

がっちりとモルタルで固められていたスプリンクラー
を解体。

写真 026.jpg写真 024.jpg写真 032.jpg

きれいに取り除いた後に交換しました。

弊社のモデルと、これまで設置していた機種との
大きな違いは、「内蔵されているスプリンクラーの
造りが単純であるということ」。

単純というと「壊れやすいのでは?」と思われて
しまうかもしれません。


全く逆で、砂利や砂が多く、ゴミが集まりやすい
日本の散水環境には単純な作りであればある程、
長期間の使用に耐えるのです。


これは50年間散水機器を取り扱ってきた弊社
だからこそわかることかもしれません。

交換を終えて散水テスト!

写真 045.jpg


試運転に立ち会ったご担当の方から

「今までのものよりも遠くに飛んでいていい!」

とお褒めいただきました。

これからも散水のお悩みに答えて行こうと
思います。

三光産業株式会社 担当:市川

http://www.sprinkler.jp/
posted by 散水プランナー at 12:08| ポップアップスプリンクラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

「ホースが外れない」の症状を無くすために

散水栓「ボールバルブ付カプラーバルブ
(※水の取り出し口です)

とホースを連結する時に使用する
ライザー管付ホースジョイント
の新バージョンを開発しています。

ホースの取り外しをよりスムースにするための
改良をしています。

多少の土詰まりが起こっても破損の危険性の
少ない、

大径強化押輪タイプのものです。
今回、試作品が出来上がってきました。
(指さしている部品の大きさが従来のものよりも厚く大きくなっています)

IMAG0017.jpg

このサイズ・大きさの押輪は世界初の
商品。

製品化は来年くらいには目途が立つでしょう。

お客様の為に、より良い商品を日々開発
しています。
posted by 散水プランナー at 10:17| 新製品情報・製品開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

スプリンクラーの水が止まらない

東京都立大泉桜高等学校 様の スプリンクラー修繕
を行いました。

既存のスプリンクラー(他社製品)が壊れてしまい、
しかも水が止まらなくなる症状。

まずは既設のスプリンクラー
写真。

都立大泉桜高等学校 004.jpg

交換中

都立大泉桜高等学校 005.jpg

弊社取扱いの自浄洗浄機能を持った
「グリーンキングスプリンクラーS25F型」
http://sprinkler.jp/siyo-syo-pdf/siyo97.pdf

に交換しました。
都立大泉桜高等学校 007.jpg


そして
水が止まらなくなる症状を修繕するため
電磁弁を見る。
かなり古く錆が浮き出ていました。
都立大泉桜高等学校 電磁弁交換 001.jpg

錆のない砲金製の弊社製電磁弁「SV-4型」に
交換。
都立大泉桜高等学校 電磁弁交換 008.jpg

これで長年使用することが可能になるでしょう。

試運転をしてみる。

都立大泉桜高等学校 013.jpg都立大泉桜高等学校 016.jpg
このモデルはきれいな均一散水が強みのモデル。
土詰まりを減らすために水が止まる際にスプリンクラー
内部の土砂を自動洗浄する機能がついています。

これから散水をする機会が増える季節
なので今のうちに修理を終えて
現場の方も喜んでいらっしゃいました。

三光産業株式会社 担当:市川

http://www.sprinkler.jp/

posted by 散水プランナー at 11:33| ポップアップスプリンクラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。