2013年07月22日

校庭の散水から、畑の散水もしたい。

世田谷区・八幡小学校からのご依頼。

6月に「プールの残水を校庭に散水したい」という
要望をいただき、ポンプやホースなどをご購入
いただきました。
世田谷区立八幡小学校 GH延長 畑散水 002.jpg

今回は、校庭の横にある農園にも散水をしたいとの
相談を受けました。

現場を見たところ校庭の脇の高台となっているとこ
ろに農園がありました。
この状況であれば、以前納入させていただいた
散水機のホースの延長で済みそう。

無駄な予算を使わないようにしていただくのも
私たちの仕事。
実際にホースを伸ばして試してみました。
以前納入したホースに5mホースを連結すれば
農園も散水出来ると判断。

実際に用務員のコサカイさんに散水していただ
きました。
世田谷区立八幡小学校 GH延長 畑散水 025.jpg

この畑は畑はジャガイモ・トウモロコシ・かぼちゃ
を育てています。
今までは手洗い蛇口から細いホースで散水していた
とのことで時間がかかって大変だったそうです。

コサカイさんはこの飛び出す水量にびっくり。
作物にるんるん気分で散水されていました。
世田谷区立八幡小学校 GH延長 畑散水 022.jpg
ちょっとした変更で今まで大変だった水やりが
すごく楽になることってあります。
散水に困っている人たちにそれを伝えるのは
僕の使命ですね。

三光産業株式会社 担当:市川
http://www.sprinkler.jp/
posted by 散水プランナー at 13:40| 農園・果樹散水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

『管理者が高齢となり、手で散水は体力的につらい。なんとかしたい』

茨城県 土浦市の下田梨園様からのご依頼を受けました。
写真 035.jpg
現在、梨園を管理されている人がご高齢となり、手まき
の散水は厳しくなってしまったとのこと。

自動散水システムを導入したいというご依頼でした。
雨のパラつく日でしたが、夏の散水時期でもあるた
め伺いました。

既存の蛇口を利用したシステムを考えました。
写真 013.jpg

・電池式コントローラー(SV4)、
写真 021.jpg
・樹脂電磁弁、バルブボックス、
写真 015.jpg

スプリンクラーSK15(32台)
写真 024.jpg
を設置。

自動化したことにより、散水の手間が無くなったので
安心して梨の育成に取り組むことができますね。
写真 023.jpg写真 036.jpg
秋の収穫シーズンにはおいしい梨が実ること
でしょう。今から楽しみです。

三光産業株式会社 担当:斉藤

posted by 散水プランナー at 11:40| 農園・果樹散水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。