2013年06月20日

『水道蛇口を利用してテニス・ハンドボールコートを散水したい』

川崎市立玉川中学校 様から散水の相談をいただき
ました。

現場には、手洗い蛇口しか水源がないとのこと。
今まで使っていた手まきノズルでは、
散水に時間がかかり過ぎるというお悩みでした。
写真 002.jpg

原因はここにあります。

写真 005.jpg

ホームセンターなどで見かける
蛇口の先にアダプターを付けるもの。
これでは水の流出口が小さ過ぎて
しまい水が勢いよく飛び出しません。


本来の水道管から送られてくる水の
力が出し切れていないと思っていただけ
たらよいと思います。

そこで、
「回転アングルバルブ付分岐栓RAV-25」
に交換。


写真 003.jpg

既存の細いホースも今後も使いたいという要望でしたので
少し改良を加えました。


写真 008.jpg


使用出来るようになるホースも太くなり、
体感では今までの3倍くらいの勢いで
水が流れ出ているように感じます。
スプリンクラーの能力をアップさせることが
可能になります。

写真 010.jpg


実際に散水している画像がコチラ。

写真 007.jpg
遠くまでよく飛んでいるのがよくわかると
思います。


副校長先生、テニス部顧問、事務の方に
好評価をいただき、今年夏にある学校開催の
テニス試合会場にて弊社カタログ等をおいて
他校にもオススメ頂けるとお約束いただきました。


今迄、散水の手間に苦しんでいらしたのだ
なって実感できた一日でした。
これからも散水の悩みを解決するために
日々精進したいと思います!

弊社では一都六県内であれば、
取り付けにも伺いますのでその時には
下記ホームページからお問合せ
くださいね。

三光産業株式会社 担当:斉藤

http://www.sprinkler.jp/
posted by 散水プランナー at 12:28| 修理・交換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『スプリンクラーの回転調整が出来なくなった』

東京都の足立特別支援高等学校 様のスプリンクラー
交換を行いました。

現地調査をしたところ他社製品のスプリンクラーが設置
されていました。
写真 030.jpg
このタイプは弊社にもよく修理交換依頼の問い合わせが
届く機種です。

そこで、弊社の取り扱いモデル
ポップアップスプリンクラーLVZR22型に交換しました。
http://www.sprinkler.jp/katarogu-pdf/kata-lvzr.pdf

がっちりとモルタルで固められていたスプリンクラー
を解体。

写真 026.jpg写真 024.jpg写真 032.jpg

きれいに取り除いた後に交換しました。

弊社のモデルと、これまで設置していた機種との
大きな違いは、「内蔵されているスプリンクラーの
造りが単純であるということ」。

単純というと「壊れやすいのでは?」と思われて
しまうかもしれません。


全く逆で、砂利や砂が多く、ゴミが集まりやすい
日本の散水環境には単純な作りであればある程、
長期間の使用に耐えるのです。


これは50年間散水機器を取り扱ってきた弊社
だからこそわかることかもしれません。

交換を終えて散水テスト!

写真 045.jpg


試運転に立ち会ったご担当の方から

「今までのものよりも遠くに飛んでいていい!」

とお褒めいただきました。

これからも散水のお悩みに答えて行こうと
思います。

三光産業株式会社 担当:市川

http://www.sprinkler.jp/
posted by 散水プランナー at 12:08| ポップアップスプリンクラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

「ホースが外れない」の症状を無くすために

散水栓「ボールバルブ付カプラーバルブ
(※水の取り出し口です)

とホースを連結する時に使用する
ライザー管付ホースジョイント
の新バージョンを開発しています。

ホースの取り外しをよりスムースにするための
改良をしています。

多少の土詰まりが起こっても破損の危険性の
少ない、

大径強化押輪タイプのものです。
今回、試作品が出来上がってきました。
(指さしている部品の大きさが従来のものよりも厚く大きくなっています)

IMAG0017.jpg

このサイズ・大きさの押輪は世界初の
商品。

製品化は来年くらいには目途が立つでしょう。

お客様の為に、より良い商品を日々開発
しています。
posted by 散水プランナー at 10:17| 新製品情報・製品開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。